大長レモン

防腐剤を使わず皮ごと食べられる、安心安全の国産レモンを使用
「瀬戸内レモンピューレ」は、広島県産大長レモンを使用したピューレです。
広島県産大長レモンは、広島県の瀬戸内海で栽培されている国産レモンで、「瀬戸内レモン」として知られています。瀬戸内海に浮かぶ大崎下島の豊町はこの大長レモンの一大産地。温暖な瀬戸内海の気候で太陽をいっぱい浴びて育ったレモンは、香りが高く、酸味に嫌みがないためとてもすがすがしい味です。
広島県産大長レモンは、防腐剤やワックスは使用していないため、皮ごと安心して食べられるという特徴があります。
当社では、その新鮮な広島県産大長レモンの独特の風味を活かすため、皮ごとピューレにしています。製品開発や商品バリエーションの充実にぜひご利用ください。

 

瀬戸内レモンピューレの特徴
新鮮な大長レモンを丸ごと使い、皮と果汁がミックスされているので、濃厚な香り・風味が味わえます。
レモンの味と香りがはっきり出るため、今までにない瀬戸内レモンを特徴とした製品開発が可能です。

 

→大長レモンのふるさと・呉市豊町御手洗地区